結婚願望は昔からあり、自然にするものだと思っていました。仕事を頑張ったり、恋愛をしたり失恋をしたりしているうちに、気が付けば私の周りには独身者はかなり少なくなってしまいました。ただ不安を感じるようになってからが、とても長かったです。。

 

婚活と言っても、お酒が苦手な私は飲み会も苦手、婚活パーティーや街コンも抵抗があり参加できませんでした。そして月日が流れ30代半ばになり危機感は増し、婚活をもっとしたいけれど、もう呼んでくれる飲み会も、友人からの紹介も無いに等しいことに気が付き凄く落ち込みましたし、焦りました。

 

それから、遅ればせながら結婚をしたいと考えている女友達を少しずつ増やし、苦手な飲み会にも呼んでもらえた場合参加するも、20代の子しか相手にされず、30代は保護者のような役割だと気が付き情けなく思いました。飲み会や、婚活飲み、パーティーに参加しましたが、20代の子は有意義そうでしたが、私含め30代は需要の無い現実を突きつけられるような感覚で凹む事が多かったです。

 

1番安心して婚活できたのは、やはり友達の紹介でした。しかし30代後半になると、それも殆んど無く婚活に疲れきってしまい婚活を止めました。あまりに疲れ切り、自分の存在価値が無い気もして、自己否定が癖になり、いろいろな事に自信をなくしてしまいました。心が疲れてしまっては、婚活どころか自分の人生が楽しくなくなってしまうため、頑張りすぎるのはかなり注意だと思います。

 

 

結局、婚活を一生懸命頑張っていた頃は結婚に繋がるご縁に恵まれませんでした。そして、婚活のあるあるですが、都心での婚活を止めて、田舎の地元に転職し帰りました。田舎では結婚は都心より更に速いため、30代後半での独身者は本当に少なく、出会いを諦めた矢先に、婚活的な紹介ではない場面での友人の紹介で出会った方と、とんとん拍子に結婚へ繋がるご縁に恵まれました。

 

 

私にとって婚活は、いろいろ勉強になったり女性同士の絆は深くなり、楽しかったこともありましたが、実は既婚者なのに婚活に参加しているなど、人間不信になるような事も多々ありました。お酒があまり得意でないことや、30代中盤過ぎると相手にさえされないなど、私にとって居心地の悪い、苦しい婚活でした。

 

そんな婚活の中でも友人の紹介が1番良かったです。恋愛に繋がらない、結婚に繋がらない紹介もありますが、変に傷つかない事も大事だと思いますし、ちゃんと独身で、友人が性格やいろいろなエピソードも知っていたり、サポートをしてくれたりするのも楽しかったです。

 

私の場合は、凄く頑張って疲れきってしまったのが後悔ポイントなので、無理の無い範囲で、楽しんで出来る感じで頑張るのがおすすめです。